「伊藤家の晩酌」は伊藤俊彦・伊藤鈴が、

好きな映画や作品を二人仕様にアレンジして、

ピアノの生演奏と共にお届けする二人朗読芝居。

単なる朗読とは違う、観て、聞いて、想像して、

五感で感じる体感型のリーディングショウ。

基本的に自主公演で年に一度のペースで作品を作っておりますが、

出張上演も承っております。

お気軽にご相談ください。

・小さなスペースでの上演が可能。
・ピアノはなくても、持ち込み演奏可能。
・上演時間は調整可能。(基本的に1時間~1時間30分)

【レパートリー】

『恋人たちの予感』
(原題:When Harry Met Sally...)
1989年に公開されたアメリカ映画。初対面で最悪の印象を持ったハリーとサリー。「男と女は本当の友人にはなれない。」というハリーは、様々なタイミングでサリーと再会する。11年という歳月の中で二人にどうなるのか。男女の愛と友情をシニカルなセリフとユーモアで描いたヒューマン・コメディ。

『オールウェイズ』
(原題: Always)
1989年公開のアメリカ映画。無茶な飛行でいつも周囲をはらはらさせている、森林火災の消火隊員ピートは、非番の日に起きた山火事の消火活動に出動した際、飛行機にトラブルが起こった同僚のアルを助けようとして、爆死してしまう。恋人ドリンダを残し、天国に行ったピートはハップという天使と出会い、彼女の命令で現世に舞い戻り、パイロット養成学校の生徒テッドに守護霊としてアドバイスを与えることになる。ところが、テッドはかつての恋人ドリンダに恋をしはじめ、ピートは苦悩する。
朗読ならではの、想像力を掻き立てるロマンティック・ラブストーリー。

『きみに読む物語』
(原題: The Notebook)
2004年に公開されたアメリカ映画。認知症を患い過去を思い出せずにいる老女と共に、療養施設へ入寮しているデュークは、ノートに書かれたアリーとノアの物語を彼女へ読み聞かせている。そこに描かれた真実とは。心揺さぶられる珠玉のラブ・ストーリー。

『ヴァージン・フライト』
(原題: The Theory of Flight)
1998年に公開されたイギリス映画。飛行願望を持つ売れない画家のリチャードは社会奉仕活動を命じられ、難病を患った車椅子の少女、ジェーンと出会う。余命わずかな彼女がリチャードにジェーンが頼んだのは自分の処女を捨てる手伝いだった。ぶつかり合いながらもやがて強まって行く二人の絆。二人の「処女飛行」の行方は?命の輝きと夢を追い求める感動作。

『マリオネット』
(原作: ミュージカル)
うだつのあがらない人形職人のピエールはある日雷に打たれる。そこにあらわれたのは、時計台のからくり人形・ソフィーに導かれた人形たちだった。自分の作った人形たちの気持ちを通して、ピエールの自分探しの旅が始まる。ピエールは自信を取り戻すことができるのか。ミュージカル座、竹本敏彰・作の大人気ミュージカルをベースにミュージカルテイストで送るロマンティックコメディ。
 

​お問い合わせ先

お問い合わせ先
itotoshihikoya@gmail.com